お金借りる方法

お金借りる方法を知ろう!

お金借りる方法

お金借りる方法には、たくさんの手段があります。

 

親や友人から借りる、カードローンを契約する、公的機関から借りるなど、さまざまな方法がありますが、まずは金利について理解しておくことが大切です。

 

そもそも金利とは何なのでしょうか。

 

金利とは、借りたお金に対して1年間あたりに発生する利息の利率のことです。

 

例えば、金利を年2%に設定している金融業者から100万円を1年間借りたとしましょう。

 

この場合、1年間あたりに発生する利息は2万円となります。

 

つまり、金利が低ければ低いほど1年間あたりに発生する利息金額が少なくなりますので、お金借りる方法を使用する際には金利を重要視すべきでしょう。

 

ただし、金利には変動金利制と固定金利制、全期間固定金利制があるということを知っておかなければなりません。

 

変動金利制とは?

変動金利制とは、借入残高がある際にも金利が変動するシステムのことです。

 

経済事情などによって金利が変動し、利率については各金融業者が決めることとなります。

 

変動金利制を採用しているほとんどの金融業者では、年に2回程度金利を見直しているようです。

 

その時の経済状況によって、金利が低くなることで返済負担が軽くなることもあれば、金利が上昇して返済負担が重くなってしまうこともあります。

 

返済額や利息を確定することが難しいため、綿密な返済計画は立てにくいでしょう。

 

固定金利制とは?

固定金利制とは、その名の通り一定の金利に定められているシステムのことです。

 

経済状況の影響をほとんど受けないため、返済計画を立てやすいというメリットがあります。

 

ただし、多くの金融業者では固定金利制が適用される期間を区切っており、一定期間を経過すると変動金利制に移行するケースが多いようです。

 

この場合、固定金利期間終了後に金利が一気に高くなってしまうリスクも考えられますので、注意が必要です。

 

全期間固定金利制とは?

全期間固定金利制とは、借入している全期間の金利が固定されるシステムのことです。

 

最も返済計画が立てやすいというメリットがありますが、変動金利制や固定金利制と比較すると金利が高めに設定されているケースが多くなっています。

 

そのため、利息を多く支払わなければならなくなる可能性が高いです。

 

全期間固定金利制の金融業者からお金借りる方法を利用する場合は、金利が上昇しているタイミングが最も有利となるでしょう。

 

 

 

お金借りる方法を利用する際には、ここで説明した金利制度を把握し、少しでも有利な条件で借りるようにしてください。

 

お金借りるにあたっては、以下のサイトも参考にするといいでしょう。
参考サイト:お金借りる:具体的におすすめのカードローン業者をランキング形式で採点しています。実際にお金を借りる際に、金利や審査スピードを比較して借りましょう。