お金借りる方法 学生

学生がお金借りる方法

学生がお金借りる方法として、学生専用ローンもしくはカードローンを利用する方法があります。

 

学生専用ローンとは、その名の通り現役学生のために販売されているローンです。

 

一方のカードローンは、働いている社会人をメインターゲットにしていますが、学生でもお金借りる方法として利用することができます。

 

ここでは、それぞれのローンでお金借りる方法のメリットとデメリットを分析していますので、ご参考ください。

 

学生専用ローン

メリット

学生専用ローンのメリットとして挙げられるのが、お金を借りすぎる心配が少ないということです。

 

学生専用ローンの場合、一般的には融資限度額が30万円から50万円程度に設定されています。

 

カードローンと比べて低めではありますが、まとまった収入がない学生にとっては借り過ぎるリスクが少なく、安心してお金借りる方法として利用できるでしょう。

 

デメリット

学生専用ローンのデメリットとして、返済期間が短めに設定されているということが挙げられます。

 

借りられる金額が少ないことも関係していますが、返済期間を過ぎると遅延損害金まで請求されてしまうため、十分注意しなければなりません。

 

カードローン

メリット

カードローンのデメリットとして挙げられるのが、学生でもまとまったお金借りる方法として利用できるということです。

 

特に銀行系のカードローンは総量規制の対象とならないため、大きなお金でも借りることができるでしょう。

 

デメリット

カードローンのデメリットとして、学生は利用できない可能性があるということです。

 

多くのカードローンは学生にもお金を貸していますが、なかにはカードローンとは別に学生専用ローンを設けている業者もあります。