お金借りる方法 銀行

銀行からお金借りる方法

銀行からお金借りる方法はメリットが大きく、デメリットが少ないといえるでしょう。

 

ここでは、銀行からお金借りる方法のメリットとデメリットを分かりやすく説明していきたいと思います。

 

銀行からお金借りる方法のメリット

銀行からお金借りる方法のメリットとして、金利が非常に低いということが挙げられます。

 

金利は銀行側が審査時に収入状態などをチェックして決められますが、消費者金融より低い金利で契約できる可能性が高くなっていますので、銀行なら有利な条件でお金借りることができるでしょう。

 

また、年収の3分の1以上のお金でも借りられるというメリットもあります。

 

消費者金融でお金かいる場合、総量規制の関係により借りることができるお金は年収の3分の1以内です。

 

したがって、銀行からならまとまったお金でも借りやすいといえるでしょう。

 

銀行からお金借りる方法のデメリット

銀行からお金借りる方法のデメリットとして挙げられるのが、審査のハードルが高いということが考えられます。

 

銀行は潤沢な資金をバックに高額融資と低金利を実現していますが、有利な条件でお金を貸すということは銀行側にもデメリットがあるということを忘れてはなりません。

 

したがって、銀行側としては信頼できる人にのみお金を貸したいのです。

 

つまり、審査を厳しくすることによって利用者を取捨選択しているといえるでしょう。

 

銀行からお金を借りたいと検討している方は、以上の点を頭に入れておいてください。