お金借りる方法 人

人からお金借りる方法

人からお金借りる方法を用いる際は、細心の注意をもって取り組まなければなりません。

 

人からお金を借りる場合、まずは誰から借りるかが大きなポイントとなります。

 

ほとんどの方は、親もしくは兄弟や親戚、友人が候補として挙がるのではないでしょうか。

 

金融業者ではなく人からお金借りる方法を使用する場合は利息や返済期間を気にしなくてすみますので、借りる側としてはメリットが大きいといえるでしょう。

 

一方、お金を貸す側にとってはデメリットしかないということを忘れてはなりません。

 

したがって、人からお金借りる方法を用いる際には、いかに相手を安心させるかということが大きなポイントとなるでしょう。

 

では、どうすれば相手に安心してもらえるのでしょうか。

 

おすすめしたいのは、契約書を作成するということです。

 

以下、誓約書を作成する際の注意点についてお伝えしたいと思いますので、参考にしていただければと思います。

 

誓約書を作成する際の注意点

誓約書を作成する際には、必ず2部、できれば3部用意してください。

 

1部は自分用、もう1部は相手用です。

 

もし3部用意できるようなら、立会人を設けて1部預けるようにしておけば、相手側に安心してもらえるでしょう。

 

誓約書は必ずすべて同じ内容にしなければなりません。

 

また、誓約書には3部とも押印し、借りた金額と返済期間についても、必ず記載するようにしてください。

 

もし誓約書を用意してもお金を貸してもらえないようなら、人からお金借りる方法は諦めてカードローンなどを契約したほうが良いかもしれません。