お金借りる方法 借入額

借入額がある時にお金借りる方法

借入額がある時にお金借りる方法を使用する際には、いくつか注意しておかなければならないことがあります。

 

まず把握しておかなければならないのは、今現在どれくらいの借入額があるかということです。

 

もし借入金額が莫大で、どう考えても返済していくことが不可能なようなら、自己破産という手段をとらなければならないでしょう。

 

また、借入額がある時にお金借りる方法を使用する場合、現在契約しているカードローンなどの限度枠を確認しておく必要もあります。

 

限度額に余裕があるようなら、借入額がある時でもお金借りる方法の使用は可能です。

 

ただし、総量規制が関係してくる場合もあるということを頭に入れておかなければなりません。

 

総量規制とは?
総量規制とは、個人の借入額を年収の3分の1までとする仕組みのことです。
たとえば、年収300万円の方が借りることのできる金額は、最大で100万円までとなります。
ただし、総量規制は銀行系のカードローンには適用されません。

 

総量規制により、借入金額は年収の3分の1までとなりますが、これは1社から借りられる金額のことではありません。

 

今現在の借金総額に当てはめられるのです。

 

したがって、年収300万円の方がすでに60万円の借入額があるときには、最大40万円までしか借りられないということになります。

 

借入額がある時にお金借りる方法を使いたいとお考えの方は、以上で説明した点をしっかりおさえておいてください。