お金借りる方法 交番

交番でお金借りる方法

お金借りる方法

出先で財布をなくしてしまった際に、実は交番でお金借りる方法を活用できるということをご存じでしょうか。

 

手元にお金がなくて帰りの電車賃を用意できない場合などに、交番からお金借りる方法を利用すると良いでしょう。

 

交番からお金借りる方法は、「公衆接遇弁償費(こうしゅうせつぐうべんしょうひ)」と呼ばれ、制度として制定されています。

 

ここでは公衆接遇弁償費について解説しますので、もしもの時のためにも頭に入れておいてください。

 

公衆接遇弁償費とは?

公衆接遇弁償費とは、交番からお金を借りることができる制度です。

 

公衆接遇弁償費を利用するためには、最寄りの交番などへ足を運び、名前や住所などを申告しなければなりません。

 

また、借りることができる上限金額は1000円までとなっていますので、その点は注意しておきましょう。

 

ただし、交番によっては1000円以上のお金でも特例として貸してくれることもあるようです。

 

公衆接遇弁償費は警察の善意によって成り立っている制度ですが、借りたものは返すということを忘れないでください。

 

たかが1000円とはいえ、借りたものは返すのは社会の常識です。

 

残念ながら交番でお金借りる方法を利用したものの、お金を返さないという事例が多数発生しているといわれています。

 

お金を借りた交番までお金を返しに行くのは面倒、そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、交番であればどこでも返すことができますので、マナーとして必ず返還しましょう。

 

交番で借りれるのは少額です。ではどうする?

ここまで説明してきたように、困った時に交番でお金を借りることは可能ですが、交番で借りれるお金は少額に限られます。

 

そんな時にどこで借りればいいのでしょうか?

 

審査がそれほど厳しくなく、お金を貸してくれる可能性があるのがカードローンです。

 

50万円以上や100万円などの高額になると厳しい審査がありますが、少額でしたらカードローンでお金を借りれる可能性はあります。

 

なにより、現在は銀行や消費者金融など多くの業者がお金を貸そうと競争していますし、業者は無数にあります。

 

ただし、信頼できる大手の金融機関で借りないと、借りる時はいいですが、返済時に大変なことになってしまいます。

 

中小の金融機関は金利も高くて返済するのも大変ですしね。