お金借りる方法 個人

個人でお金借りる方法

お金借りる方法

個人でお金借りる方法には、いろんな手段が考えられます。

 

親や友人に借りる方法、カードローンを利用する方法、目的ローンを利用する方法などが挙げられますが、状況に応じて使い分けると良いでしょう。

 

ここでは、個人でお金借りる方法をより具体的に見ていきたいと思います。

 

親や友人にお金借りる方法

個人でお金借りる方法として最もデメリットが少ないのが、親や友人から借りるということです。

 

親や友人からなら金利そのものがありませんし、返済期間についても融通を聞いてもらいやすいでしょう。

 

ただ、信頼関係を損ねてしまうリスクが考えられるため、個人でお金借りる方法として用いる際には理由をしっかり説明することが大切です。

 

カードローンでお金借りる方法

カードローンを利用して個人でお金借りる方法なら、信頼関係を気にせずにすみます。

 

また、カードローンで借りたお金は何にでも使用できるため、大変便利です。

 

毎月安定収入がある成人の方ならカードローンの審査に通りやすくなっていますので、個人でお金借りる方法のひとつとして考えておくと良いでしょう。

 

ただし、借りた金額、つまり元金に利息をプラスして返済しなければならないというデメリットがあります。

 

目的ローンでお金借りる方法

目的ローンは、借りたお金の使用目的が限定されているローンです。

 

カードローンと比べて自由度こそ低くなっていますが、金利が低く抑えられていますので、使用目的が決まっている場合は目的ローンの利用を選択したほうが賢いといえるでしょう。