お金借りる方法 個人事業主

個人事業主がお金借りる方法

お金借りる方法

個人事業主がお金借りる方法として、カードローンを利用するという方法が挙げられます。

 

カードローンは使い道が決められていませんので、事業目的の資金としてもお金を借りることができるでしょう。

 

ただし、すべてのカードローンが事業目的の資金としての融資を認めているわけでありません。

 

特に銀行系のカードローンは事業目的の資金に使えないことが多いようですので、ご注意ください。

 

ちなみに、銀行系のカードローンでは個人事業主専用のカードローンを設けられていることが多く見られるようです。

 

個人事業主がお金借りる方法では、個人でお金借りる方法と用意しておく書類が異なります。

 

以下でピックアップしている書類を手元に準備してからお申し込みください。

 

確定申告書

個人事業主の場合、サラリーマンのように源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書がありません。

 

したがって、確定申告書のコピーを用意しておく必要があります。

 

確定申告をしていない場合は収入がないものと判断されてしまう可能性がありますので、必ず確定申告は行うようにしてください。

 

決算書

金融業者によっては、決算書を収入証明書として認めている場合もあります。

 

決算書を用意できる場合は確定申告書を用意する必要はありませんが、基本は確定申告書を用意しておくと良いでしょう。

 

その他の書類

個人事業主がお金借りる方法を利用する場合、金融業者によっては事業内容を証明する書類の提出も義務付けていることがあります。

 

金融業者のホームページなどで用意しておく書類を確認しておき、必要な書類がすべて揃えておきましょう。