お金借りる方法 国

国からお金借りる方法

お金借りる方法

消費者金融や銀行などの金融業者からお金を借りたくない場合、国からお金借りる方法もあります。

 

国からお金借りる方法として利用できるのは、総合支援資金、生活保護、雇用保険、教育訓練給付制度、無利子貸付などです。

 

総合支援資金

総合支援資金は、低所得者を中心にお金を貸している制度です。

 

連帯保証人を立てた場合は無利子で、連帯保証人を立てられなかった場合は年1.5%という低金利でお金を借りることができます。

 

生活保護

生活保護は、一つの世帯が最低限の暮らしを営めるようにする目的で作られた制度です。

 

ただし、最近では生活保護の不正受給が社会的な問題となっており、今後は審査が厳しくなる可能性もあります。

 

雇用保険

雇用保険は、離職中で働く意思がある方にお金を貸している制度です。

 

仕事をしたくてもなかなか見つからない、そんな方は国からお金借りる方法として雇用保険を利用すると良いでしょう。

 

教育訓練給付制度

教育訓練給付制度は、その名の通りスキルを身につけたい人のためにある国からお金借りる方法です。

 

指定された講座の受講なら、講座費用の20%を国に負担してもらえます。

 

無利子貸付

無利子貸付は、東日本大震災後に制定された制度です。

 

東日本大震災で被災した方なら、最大で10万円(特別な場合は20万円)を借りることができます。

 

1年以内に返済する必要はありませんが、措置期間を経過してから2年以内に返済しなければなりません。

 

もちろん利子は発生しませんし、所得にかからわず申請することができます。