お金借りる方法 親戚

親戚からお金借りる方法

親戚からお金借りる方法は、親や友人に断られた場合の手段として考えておくと良いかもしれません。

 

ただ、親戚からお金借りる方法を使用する場合、贈与とみなされる可能性もあります。

 

もし贈与とみなされた場合は、別途贈与税を納付する義務が発生してしまいますので、十分ご注意ください。

 

ちなみに、無利子で親戚からお金を借りると贈与とみなされる可能性が高いですが、利息をつけて返済すれば贈与にはあたらない可能性もあります。

 

以下、親戚からお金借りる方法の注意点を紹介していますので、しっかり覚えておきましょう。

 

親戚からお金借りる方法の注意点

上記で説明したように、親戚から無利子でお金を借りた場合は贈与としてみなされる可能性があります。

 

したがって、小額でも構いませんので、利息をつけて返済することが大切です。

 

ただし、単に利息をつけて返済すれば良いというわけではありません。

 

贈与とみなされないためには、きちんと借用書を交わしている必要があります。

 

借用書を作成する際は、親戚から借りたお金の額と返済方法を詳しく記載してください。

 

また、最低でも同じ借用書を2部作成し、両者とも借用書に押印しなければなりません。

 

返済するたびに記録をつけておくと、お金を返していることの証明にもなるでしょう。

 

もし税務署から贈与税であると疑われた場合は、借用書と親戚が所有している銀行の通帳を見せると良いです。

 

ただ、親戚からお金借りる方法を用いる際は、親戚側の経済状況も関係してきますので、あまり負担にならない金額でお願いしたほうが良いかもしれません。