お金借りる方法 市役所

市役所からお金借りる方法

お金を借りたいけど消費者金融などは避けたい、そのように思っている方も多いのではないでしょうか。

 

あまり知られていませんが、実は市役所からお金借りる方法を利用することもできるのです。

 

消費者金融などの金融業者と異なり、市役所は公的機関となっていますので、安心してお金借りる方法として利用することができるでしょう。

 

市役所からお金借りる方法では、小口融資制度や生活福祉資金貸付制度といった制度を利用することになります。

 

以下、それぞれの制度を説明しますので、ご参考ください。

 

小口融資制度

小口融資制度は、生活費用として利用できる市役所からお金借りる方法です。

 

療養費や冠婚葬祭費用、技能習得費用などにも利用することができます。

 

小口融資制度でお金借りる方法を用いるためには、一般的に印鑑証明や所得証明、雇用証明などが必要です。

 

ただし、各地域の市役所によって準備する書類や融資金額については異なるため、お住まいの市役所にお尋ねください。

 

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、都道府県社会福祉協議会が主体となってお金を貸している制度です。

 

他からお金借りる方法が使えない世帯や障害者世帯、65歳以上の高齢者世帯を中心にお金を貸しています。

 

生活福祉資金貸付制度には総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金の4種類がありますので、状況に合わせてお選びください。

 

また、無担保でも利用できますが、その際は年利1.5%がかかります。