お金借りる方法 総量規制 対象外

総量規制対象外でお金借りる方法

お金借りる方法

総量規制対象外でお金借りる方法を利用する場合、銀行系のカードローンと契約することになります。

 

消費者金融系のカードローン及びクレジットカードでお金借りる方法は総量規制対象外とはなりませんので、ご注意ください。

 

ただし、総量規制は個人向けの貸し付けにのみ適用されるということを覚えておきましょう。

 

つまり、個人として消費者金融系のカードローンやクレジットカードからお金を借りる場合は総量規制の対象となりますが、個人事業主としてお金を借りる場合は総量規制対象外となるのです。

 

そのため、多くの金融業者では個人向けのカードローンと個人事業主向けのカードローンを別々に販売しています。

 

したがって、個人事業主の方であれば、消費者金融系のカードローンでも総量規制対象外のお金借りる方法を利用することができるでしょう。

 

総量規制とは?

総量規制とは、分かりやすく言うと個人でお金を借りる場合は年収の3分の1以上の金額は借りられないとしている制度です。

 

例えば、総量規制の対象となる消費者金融系のカードローンやクレジットカードを個人で利用する場合、年収が600万円の方は200万円未満の金額しか借りられないということになります。

 

また、気をつけなければいけないのは、すべての総量規制対象外とされている業者への借り入れ額を合わせて計算されるということです。

 

上記の例で考えると、すでに他の総量規制対象外業者から50万円を借りている場合、150万円未満までしか借りられません。