お金借りる方法 知人

知人からお金借りる方法

お金借りる方法

知人からお金借りる方法を用いる際には、相手に安心してもらうということが最も大切です。

 

いくら知人だからといって、やはりお金を貸すことにはそれなりのリスクがあるということを忘れてはなりません。

 

もし知人に安心してもらいたいなら、ぜひ借用書を作成してください。

 

借用書があれば、知人側としても安心してお金を貸すことができるでしょう。

 

以下、借用書の書き方を説明しますので、参考にしてください。

 

借用書の書き方

知人からお金借りる方法を用いる際には、借用書を作成しておくにこしたことはありません。

 

ただし、内容を正しく書かなければ、知人との間でトラブルが発生してしまう恐れもありますので、十分ご注意ください。

 

借用書を作成する際のポイントとなるのは、いくら借りるのか、返済方法はどうするのか、分割で返済するなら毎月何日にいくらずつ返済するのか、という項目を記載することです。

 

また、より知人に安心してお金を貸してもらうためには、遅延損害金も取り決めておくと良いでしょう。

 

ちなみに、少ない金額なら無利息で貸してくれるかもしれませんが、大きな金額ともなれば礼儀として理想を支払うことをおすすめします。

 

消費者金融のような金利ではなくても構いません。

 

知人と話し合って、適正な金利を決めてください。

 

そして大事なのは、借用書を公証人役場で公正証書にするということです。

 

そうすることで法的な効力が確実に与えられることになりますので、知人からお金借りる方法を利用する際はぜひお試し下さい。